ノンバンク融資とは何か?メリット・デメリット、注意点について解説!

2024.01.14

ノンバンク融資とは、ノンバンク、つまり銀行以外の金融機関から受ける融資を意味します。

銀行による融資と比較して、審査機関が短く手続きが容易な点がメリットです。

一方で、金利が高く銀行の融資を受ける際に不利になる恐れが大きい等のデメリットも存在します。

ノンバンク融資は便利ではありますがリスクも高いため、制度について十分に理解を深めた上で利用するか否かの判断が必要です。

 

今回はノンバンク融資について、メリット・デメリットや注意点を詳しく解説します。

 

日本政策金融公庫や銀行の融資については以下の記事で解説していますので、ぜひこちらをご覧ください。

 

 

CONTENTS

ノンバンク融資とは

ノンバンク融資とは、文字通りノンバンクから受ける融資を意味します。

 

ノンバンクとは、銀行以外の金融機関を指す言葉です。

金融機関ではありますが、為替業務や預金業務を行わない点が特徴として挙げられます。

 

ノンバンクは貸金業規制法に基づき、貸金業者として国や自治体に登録している金融機関です。

対して銀行は銀行法のもとに事業を行っており、両者で適用される法律が異なります。

 

ノンバンクは銀行からの借入を元手に貸付業務を行っています。

銀行からの借入が元手という性質から、ノンバンク融資と銀行融資は特徴が全く異なるため注意が必要です。詳しくはメリット・デメリットの章で紹介します。

ノンバンク融資のメリット

ノンバンク融資のメリットを3つ紹介します。

審査期間が短い

ノンバンク融資の大きなメリットは、審査期間が短い点です。

 

銀行の融資は、最短でも審査に1週間程度はかかります。融資申し込みから実行までトータルで1ヶ月ほどかかるケースも珍しくありません。

一方、ノンバンク融資は当日中に審査結果が出るケースも多くみられます。

最短30分や1時間以内で審査が終わるノンバンク融資も存在します。

審査期間が短いため融資申し込みから実行までのスピードが早く、早急な資金調達ができる方法です。

オンラインや電話だけで完結するケースが多い

オンラインや電話だけで完結するケースが多い点も、ノンバンク融資のメリットです。

 

銀行の融資は、オンラインや電話で申し込みをしたあと、原則として対面で面接を行う必要があります。

後述する必要書類の提出も直接の持参や郵送が一般的です。オンラインや電話で完結するケースは非常に少ないといえるでしょう。

 

一方、ノンバンク融資はオンラインや電話だけで完結するケースが多いです。対面での手続きは基本的に不要となります。

手続きが容易で利用しやすい融資といえます。

必要書類が少ない

ノンバンク融資は、銀行の融資に比べて必要書類が少ない点も特徴です。

 

銀行の融資では、一般的に決算書や事業計画書のほか、融資の希望額の根拠となる資料を提出する必要もあります。

法人の場合、履歴事項全部証明書や登記簿謄本も必要です。

作成や発行が必要な書類が多く、書類を用意するだけでも相当な労力を要します。

 

ノンバンク融資の必要書類は利用するノンバンクによって異なりますが、本人確認書類と決算書類だけで済むケースもあります。

必要書類が少ないため、申し込むまでの労力を最小限に抑えられるといえるでしょう。

ノンバンク融資のデメリット

続いて、ノンバンク融資のデメリットを3つ紹介します。

金利が高い

ノンバンク融資の最も大きなデメリットは、金利が高い点です。

 

前提として、金利には上限金利と下限金利という2つの大切な概念があります。

上限金利を超える金利は絶対に適用されませんが、下限金利ギリギリが設定されるケースも少ないといえます。

利息や返済総額を計算する際は、上限金利を用いるのが一般的です。

 

下限金利は、民間の銀行の融資とノンバンク融資ともに年3.0~4.5%となります。

一方で上限金利は、銀行融資が年13.0~15.0%程度であるのに対し、ノンバンク融資は年17.0~18.0%が一般的です。

このように、ノンバンク融資は利息および返済総額が高額になってしまいます。

 

参考として、事業資金の調達手段として多く用いられる日本政策金融公庫の融資と制度融資の金利の目安も紹介します。

  • 日本政策金融公庫:基準利率は年1.10~3.60%程度、特別利率は0.45~3.10%程度
  • 制度融資:~5%程度 自治体や融資の種類によって大きく異なる。

借入限度額が低い

ノンバンク融資は借入限度額が低めです。

ビジネスローンでも300~500万円程度が限度となります。

 

銀行の融資や自治体の制度融資は種類にもよりますが、融資限度額が数千万~億単位の融資制度も珍しくありません。

そこまで高額の融資は難しいとしても、500万円以上の融資を受けられるケースは多く存在します。

事業活動では多くの資金が必要なため、ノンバンク融資では十分な資金調達ができない恐れがあります。より高額の融資を受けられる銀行融資の方が適しているといえるでしょう。

銀行の融資を受ける際に不利になる可能性がある

ノンバンク融資を受けていると、銀行の融資を受ける際に不利になる可能性があります。

 

銀行融資に申し込む際は、他社からの借入状況を明記する必要があります。

法人がノンバンク融資を受けている場合は決算書に借入残高が記載されるため、借入状況がよりわかりやすいです。

既に高額の借入をしている場合、これ以上の融資は返済負担が大きくなりすぎると判断され、融資を断られてしまうリスクが高くなります。

また、ノンバンク融資を利用しているという事実そのものが、計画性がない・事業が不安定といった判断につながる恐れもあります。

 

すでに紹介したように、ノンバンク融資は金利が高いため返済総額が大きくなり完済までに時間がかかりやすいです。

そのため、一度ノンバンク融資を利用してしまうと借入残高が長く存在し続け、銀行の融資を受ける際に不利になる期間も長くなります。

ノンバンク融資を利用する際の注意点

前提として、事業資金の調達にノンバンク融資を利用するのはおすすめできません

 

ノンバンク融資のデメリットとして、金利が高い旨を紹介しました。

銀行の融資に比べてはるかに金利が高いため返済総額がかなり膨らんでしまい、返済負担が大きくなってしまうケースが非常に多いです。

融資によって一時的に経済的な余裕ができたとしても、その後何年も返済に追われることになってしまいます。

ノンバンク融資は長い目で見るとデメリットや負担が大きい方法といえるでしょう。

 

ただし、融資実行までの時間がかなり短い点や手軽に申し込める点はノンバンク融資ならではのメリットです。

銀行融資は申し込みから実行までに時間がかかるため、早急に資金調達が必要な場面においては間に合わない恐れがあります。

このように、緊急時にはノンバンク融資が有用な手段になり得ます。

 

最初に記載した通り、基本的にノンバンク融資による資金調達はおすすめできません。

ノンバンク融資を利用するのは緊急時のみにするべきでしょう。

返済負担を最小限に抑えるため、短期借入短期返済を前提にすることも大切です。

 

なお、たとえ緊急時でも、返済のめどがたたない状態では利用を避けましょう。

短期間での返済ができずに負担が膨れ上がってしまう恐れが大きいためです。

ノンバンク融資を利用するのは、緊急時かつ、少し経てば売上入金がある・一時的な資金不足を解消すれば回復する等が確実な場合のみにするべきです。

まとめ

ノンバンク融資の大きなメリットは、融資を受けるまでのスピードが早く手間がかからない点です。

一方で、金利が高い・借入限度額が低め・銀行の融資を受ける際に不利になりやすいといった大きなデメリットも存在します。

実際のところ、事業資金の調達にノンバンク融資を利用するのはおすすめできません。

 

ただし、すぐにでも資金が必要な状態の場合、銀行融資では間に合わない可能性が高いでしょう。

早急な資金調達が必要な場面においては、ノンバンク融資が有用な手段になり得ます。

とはいえ、たとえ緊急時でも返済のめどがたたない状態でノンバンク融資を利用するのは避けるべきです。

ノンバンク融資を利用するのは、緊急時かつ、返済のめどが立っている場合のみにしましょう。


経営判断を迅速にサポート
創業融資・補助金申請はBIZARQにお任せください。
全国オンライン対応・ご相談は無料です。

吉岡 伸晃
吉岡 伸晃

記事監修
BIZARQ合同会社代表公認会計士

03-6709-9216【営業時間】9:00~18:00 LINEで問い合わせ